水曜日の地域考
vol.1 ゲスト:松川敦志

Description

公開講座 <水曜日の地域考>

AKIBI複合芸術プラクティス「旅する地域考alternative」が3回シリーズで行う一般公開講座。「地域」の枠組みや役割を、現代の社会課題に紐づけて再考します。日本のイージス・アショア配備計画の過程にみる「中央−地方」の構図の葛藤、新型コロナウィルスの世界的流行による個人の生活経済の変化、人種差別とそれに抗する人々の越境的連帯など、現代の多くの社会問題は、遠くの<他者>の問題であると同時に、今日を生きる<私>の問題でもあります。このような世界と<私>、そして自己と<他者>が乖離した現在において、私たちは、自らが育み育まれる「地域」という社会的枠組みをどのように考えていくことができるでしょうか。「水曜日の地域考」では、3名の講師による具体的な事例に基づき、「地域とは何か」を再考する手がかりを探ります。


★第1回:9月23日(水)19:00~21:00
講師 松川敦志 (秋田魁新報記者)

第2回:9月30日(水)19:00~21:00
講師 三浦 展 (社会デザイン研究者)

第3回:10月7日(水)19:00~21:00
講師 町山智浩 (映画評論家、コラムニスト)


《レクチャー♯1:松川敦志》
地方紙記者の経験・視点から、「中央―地方」の関係性の未来形を問う――レクチャーでは、秋田魁新報社の松川敦志記者が取材班代表として取り組んだ秋田市へのイージス・アショア配備計画の報道を軸に、そこにみられる「中央−地方」の構図と力学、それと向き合う多様な当事者の葛藤、そしてこの慣習的な構図の綻びの兆しなどについてお話しいただきます。地方、国家、グローバル安全保障の課題が複合するイージス・アショア問題の一連のプロセスの検証をとおして、私たちが地域と呼ぶ社会的枠組みの将来を探ります。


■ゲスト
松川敦志 Atsushi Matsukawa
秋田魁新報 記者
1972年、秋田県生まれ。1996年秋田魁新報入社。社会部などをへて2002年に退社し、翌年朝日新聞入社。東京社会部、那覇総局などをへて2016年に那覇総局長を最後に退社。同年再び秋田魁新報入社。編集委員をへて2020年4月より社会地域報道部長。イージス・アショア報道で取材班代表として2019年度新聞協会賞を受賞。

web:秋田魁新報
https://www.sakigake.jp/




■モデレーター
岸 健太 Kenta Kishi
建築家、アーバンスタディーズ
秋田公立美術大学大学院 複合芸術研究科 教授

1969年東京生まれ。東京藝術大学美術学部建築科を卒業後、Cranbrook Academy of Art (アメリカ、ミシガン) 修了。シンガポールの複数の教育機関で実験的なデザインスタジオを指導した後、1999年より日本での活動を開始。2003年より、都市・建築・デザイン・アートの領域を横断する活動拠点として「LWL -Lab for the Wonder Landscape-」を主催。近年は、インドネシア・スラバヤ市を対象に、新興都市の変化の過程に着目する調査と表現の活動に、現地市民や様々な専門家とともに取り組む。スラバヤでの都市研究組織「OHS -Operations for Habitat Studies-」共同代表。



■参加費
1,000円(税込)

■視聴方法
申し込み後に登録されたメールアドレスへ、視聴についてのご案内をお送りします。
ZOOMでの視聴が可能なメールアドレスをご登録ください。

-----------------------
旅する地域考とは?
-----------------------
「旅する地域考」は、秋田県内の土地を密度の高い集団で移動する経験を軸に、2018年から4回のプログラムを実施してきた。
私たちの生活の器としての「地域」を探るうえで、集団の旅が醸す心と身体の変化はさまざまな視座を与えてくれた。withコロナの時代においてもそこは何ら変わりはしない。むしろ「地域」を「考」えるチャンスである。
例えば、広さ、距離、方向といった

地域と移動にまつわる概念は、私たちの日常レベルでも大きく変化したといえる。各地に散らばる受講生が、それぞれの旅をオンラインを含む複合的なメディアで共有するとき、移動する/移動しない「旅」の経験、「地域」はいかなる輪郭を描き出すのか。
私たちにとっても未経験のプログラムに挑むことになるが、旅とは未知の領域に足を踏みこむことでもある。
さあ、旅立つ準備を整えよう。
Wed Sep 23, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット ¥1,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Sep 22, 2020.

Organizer
AKIBI複合芸術プラクティス|旅する地域考
12 Followers